仙骨治良で生き方が変わり加齢黄斑変性症が3ヵ月で消えた

体験談

2024/01/18

おじさん9
年齢

62歳

性別

男性

●MRTとの出会い


 先日、MRTオフィスで治良を受け始めて早くも25年ほどになると気付き、久しぶりに、治良を始めた当時を思い出しました。


 MRTを知る前は自分の内気な性格とは反対の営業の仕事をしており、そのストレスが溜まり、それを解消するために毎週金曜日、土曜日は友人と共に夜遅くまで飲み明かして体調を崩し、仕事もミスを重ねて無軌道で不摂生な生活を送っていました。


 当時の私には2人の友人がいて、1人はある宗教の会員で「あなたを困難から守ってあげる」と言い、もう1人は「人生は1回だけ、「死んだら終わり」という考えの友人で、自分をその場その時で各々の友人の意見や行動に合わせてしまい、全く中真を外していたことを思い出しました。


 そのような生活を何年も続けていたことで、ますます体調を崩し、脈拍が速くなり、胃痛、眼の不調が続き、気持ちも不安定になり、毎日が苦痛の連続になっていましたが、ある日ふと2年前(1988年)に購入した「「仙骨」に無痛ショックを与えると病気は消える」の御本を思い出し、師尚(MRTの創始者内海康満先生)直々の仙骨治良がMRT本部(当時、恵比寿にありました)で受けられることを知り、すがる思いで予約の電話を入れました。


●MRT仙骨無痛療法を受け始めて


 1990年12月1日、MRT本部(恵比寿)において師尚に初回治良をして頂きました。


 初回治良を受けた当日が土曜日であったため、その日は、いつものように飲み友達の誘いを受け、断り切れずに付き合いましたが、店に入った途端に急に眠気が襲い、またイヤ気がさして来て、面と向かって友達に「今日は帰る」と断り、1人強引に店を出ました。これが身体を休めるため回復するための眠気だとわかり、そして「本当の自分」が出た瞬間でありました。


 それからは急に展開が早くなり、翌月(1991年1月)に横浜市への転勤が決まり、それが切っ掛けで友人達と段々と疎遠となり、転勤先での人間関係にもすぐに馴染み、仕事も進み、体調も回復していきました。転勤で当時自宅に近いMRT横浜に通うようになり、週1回の治良は欠かさず続ける気持ちは消えることなく淡々と通いました。


 しかし、またしばらくすると毎日仕事に追われ、ストレスが溜まり始め、今度は仕事仲間と上司の悪口を言っては飲み明かすという生活に戻ってしまい、堂々巡りの人生で、またそれから先の道が見えなくなってしまいました。


●MRT中心学校(※)へ入学を決める


 そんな折、MRTの当時のRT(リーディングセラピスト)の先生より「『MRT中心学校」に入学してみないか」とお声を掛けられ、最初は、年齢(当時42歳)のこと、将来のこと、両親の反対などを思い、一旦はお断りしていましたが、段々とまた体調が崩れ始め、更に再びの転勤で同僚が変わり今度は孤立し、また宗教の友人へ貸したお金が返ってこず、トラブルとなり、毎日が苦悩と苦痛の連続となってしまいました。「どうしようか、死んでしまうのでは・・・」トボトボと家に帰る途中、何気なく空に浮かぶ満月を観ましたら「ああ、世の中って不思議だな。いつも下ばかり向いて歩いているから気が付かなかったな」とふいに感じ、これまでの人生は狭い道しか見えないように歩かされているように感じました。


 しばらくして1995年1月に阪神淡路大震災が起こり、『月刊MRT』の巻頭の「神の戸が開いた」との御言葉を拝読し、ここで変えるときだという気持ちが湧き、後は迷わず1995年2月に退職を決意しました。


 そう決めて行動に移しましたら、宗教の友人に貸していたお金が、取引先の女性が間に入ってくれて全額戻ってきました。これで入学金を支払い、今度こそ完全にその友人とは別れ、4月に中心学校に無事に入学することができました。


 中心学校では最初に師尚より「これまでの垢を1年掛けてゆっくり落とすように」とお聞きしたので、ほかの学友よりものんびりと過ごし、またいろいろな逆行が続きましたので、これまで溜まった垢を取る時間としました。


 当時中心学校において、師尚の御講話を受講しているうちに、「自分には肉体の自分と本体の自分がいる」という話を頂き、「魂は死なず。永遠である」という気付きが中真に収まるように感じ、人生は1回きりと言う友人との話も合わなくなり、自然に離れて行くようになりました。


 左右のどちらかの道を選ぶという人生から、自分が中真であると気付くのに長い時間が掛かりましたが、それと共に、自分が決心し行動すると展開が早くなることがわかり、またこれは自分1人の力でなく守って頂けている存在をも感じるようになりました。


※MRT中心学校:1990年4月、リーディングセラピストの養成と中真感覚を発露した自由自在な人生を送れるようになるために設立した1年制の学校(1997年から研修生制度に移行のため終了)。


●中真を外しかけたときに加齢黄斑変性症になったものの、MRT治良を続け3ヵ月で消える


 中心学校卒業後は他人に中真を預けるのに懲りて、しばらく一人でいる時間が多くなり、人との交流を避けるような毎日を送っていましたが、段々と味気なく感じ「これでは駄目だ、何とかしよう」とまた仕事を求めるようになりました。しかし焦りが出て、また他人を頼るということになり自分の中を外したため、今度は新しく勤め始めた会社の社長に騙され、なけなしの蓄えを取られてしまいました。


 自分の不甲斐なさに落胆し、MRTの治良費にも困り、更に10年続けていたMRT治良に一区切り付けようと思った矢先、今度は急に目の前が歪んで見えはじめ、いわゆる加齢黄斑変性症のような症状(病院へは行っていませんが)が出てきてしまいました。


 ここでMRT治良を10年続けていた意識が自然に働き「どこか具合が悪くなったらまず治良」という気持ちが出て、慌てずMRTに行き、症状をお話ししたところ、治良を週2回、土曜日の『中真感覚の学び』に参加するようにと勧められ、治良と久しぶりとなる『中真感覚の学び』を続けたところ、眼の症状は3ヵ月で完治しました。この奇跡のような劇的な変化により、自分の中で自分を中真に生きるということに大きくスイッチが入りました。そして『中真感覚の学び』に毎週必ず参加させて頂き、その中で多くの学びを得てMRTに通う仲間と知り合えるようになりました。


●様々なことが祓われていく


 2004年に長年痴呆症で介護していた父が他界し、また2014年9月に病弱であった母が他界しました。両親を見送ることで、一つ因縁を解消できたと想っております。長い介護生活が終わり、父母の思い出や想念が染みついている50年近く住んできた家でこれから生活することは、独り身の自分としては不便で使い勝手が悪く不自由であると感じていた矢先に、御講話で師尚より「良い環境がないと悟れない」との御教示を頂きました。住む環境が大事であることに気付き、これは今までの業、想念を祓う機会だと、家を売却することを即座に決め、スムースに物事が運びました。


 またこれを機会に父母の遺品と、自分の思い出の物も処分することを決め、ほとんどを捨てて、この世に思いを残さないとして東京に引っ越しました。現在、越して来て半年ほどになりますが、50年間住んだ横浜の記憶が意外に早く薄れて思いが軽くなっていること感じております。


 転居先は、子供の頃住んでいた都内のある場所にしました。それは小学6年生の10月という半端なときに親の都合で引っ越しをさせられたので、一度同じ場所に戻って過去のことを解消するために、気の済むまで子供の頃の思い出を祓って行こうと決めたからです。そして、今の環境で理解することを終えたら、また新たな環境に変えて行くことを決めております。


 この度、体験談を書かせて頂くことで走馬燈のように記憶が戻ってくると、自分の人生の様々な出来事が繋がって観えてきて、霊止乃道を歩むため、神を識るがための人生を歩んでいるということに気が付きました。


 「神は真っ裸の状態で人をこの世に降ろし、特別なものは何も必要でないと気付きを入れるように姿形に顕されているのである」と師尚より御教示を頂いておりますが、全てを理解するために持たされていることを実感しております。また一つ手放せば、また違う一つが手に入ることを実践し、これからも種観霊(※)を重ね毎日を歩んで参ります。


※種霊霊(しゅみれい):現象という種を、霊の眼で観て理解すること。 詳しくは『霊止乃道』(たま出版) 二八〇ページをご参照ください。


★体験談は個人の感想であり、MRT仙骨治良(仙骨無痛療法)による効果を説明するものではありません。


-----------------------------


こちらの体験談の方のように、MRT仙骨無痛療法(MRT恵比寿)に通われて、肉体面の変化だけでなく、自分の人生を振り返り、様々な想いを手放し自由自在に向かっているという方は数多くいらっしゃいます。


MRT仙骨無痛療法は、単なる病気症状を改善することだけが目的ではなく、ご自身の中にある『中真感覚(中真観覚)』を発露し、自由自在な人生を送っていくことができるのです。


MRT仙骨瞬間無痛良法は、微弱な磁気によって『仙骨』の変位を読み取り専用のMRTテーブルで瞬間・無痛に調整します。1981年の創設以来、全国12ヵ所のMRTオフィスで延べ400万人以上の実績があります。


徳間書店から、MRTの創始者 内海康満先生(師尚)の御著書が出版されています。全国書店、アマゾン、MRT恵比寿にて購入できます。


MRT恵比寿ホームページのトップページをご覧ください。


MRT恵比寿は、JR山手線恵比寿駅から徒歩2分、日比谷線恵比寿駅から徒歩30秒、東急東横線代官山駅から徒歩7分、恵比寿神社手前に位置しています。


是非、MRT恵比寿にお越しください。(東京都渋谷区恵比寿西1-10-6)


お気軽にお問い合わせください。お電話または、オンラインで予約できます。


《他の体験談はこちら》


MRT恵比寿からのお知らせ

2024GWのお休み20240424
お知らせ
2024/04/24

MRT恵比寿のゴールデンウイークの受付時間

MRT恵比寿のゴールデンウイークの受付時間をお知らせいたします。平日は通常通り、祝日は午前中のみ、ただし土曜日の祝日は通常の土...

20240405究極のデトックス法治良イラスト
お知らせ
2024/04/05

究極のデトックス法とは・・・?

究極のデトックス法とは・・・?  こんにちは。  仙骨瞬間無痛良法のパイオニアのMRT恵比寿 リーディングセラピストの橋田です...

20240315-4月と5月のお休み 恵比寿ツインズビル外観2 (2)
お知らせ
2024/03/27

MRT恵比寿の4月と5月のお休み

●4月のお休み・日曜日・4/13(土)は研修会のため12:30までの受付となります。・4/15(月)は研修会のためお休みとなります。・祝日の4...

20240313花粉症イラスト
お知らせ
2024/03/08

花粉症の改善方法

「花粉症」でお悩みではないですか?  こんにちは。  仙骨瞬間無痛良法のパイオニアのMRT恵比寿 リーディングセラピストの橋田...

20240209冷え性イラストその2
お知らせ
2024/02/09

冷え性による身体の不調への対策と効果的な予防法 その2

こんにちは。 仙骨瞬間無痛良法のパイオニアのMRT恵比寿 リーディングセラピストの橋田です。 前回に続き、「冷え性」で悩まれて...

20240209冷え性イラスト色付き
お知らせ
2024/02/09

冷え性による身体の不調への対策と効果的な予防法 その1

女性の方に多い悩みのひとつが、「冷え性」ではないでしょうか? こんにちは。 仙骨瞬間無痛良法のパイオニアのMRT恵比寿 リーデ...

恵比寿ツインズビル外観20240123-2
お知らせ
2024/01/23

MRT恵比寿の2月と3月のお休み

●2月のお休み ・日曜日 ・2/3(土)は研修会のため12:30までの受付となります。 ・2/5(月)は研修会のためお休みとなります。 ●3月...

20240104恵比寿神社
お知らせ
2024/01/04

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 MRT恵比寿は、本日、1月4日(木)から通常通り、受付しております。 MRT恵比寿は、恵比寿神...

12月と1月のお休み20231130-2
お知らせ
2023/11/30

MRT恵比寿の12月と1月(年末年始)のお休み

●12月のお休み ・日曜日 ・12/2(土)は研修会のため12:30までの受付となります。 ・12/4(月)は研修会のためお休みとなります...

11月と12月のお休み 雪の景色の画像20231024
お知らせ
2023/10/27

MRT恵比寿の11月と12月(年末年始)のお休み

●11月のお休み ・日曜日 ・11/4(土)は研修会のため12:30までの受付となります。 ・11/6(月)は研修会のためお休みとなります...

記事検索